見たくない!黒ずみ対策はじめよう

デリケートゾーンの黒ずみ、原因について

デリケートゾーンの黒ずみの原因は、メラニン色素です。
メラニン色素は、本来、肌を紫外線などから守るために、作られるものです。
デリケートゾーンは、もともとメラニン色素の活動が活発なので、下着などで肌が擦れることで、メラニン色素が表面に出てしまうことになります。
日焼でも、紫外線が肌の奥に入ってこないように、メラニン色素が肌を守りますが、ターンオーバーという肌を再生する機能が働くため、日焼けしても元の肌の色に戻りますが、デリケートゾーンには、もともとメラニン色素が多いため、下着などで擦れるだけで活動が活発になってしまうので、常にメラニン色素が活発に働く状態になり、黒ずみとなってしまいます。
年齢を重ねるうちにターンオーバーの期間が長くなり、下着や生理用品の影響を受けたりすることで肌が弱っている場合もあります。
そういった状態の黒ずみを改善するためには、肌の刺激を少なくしてターンオーバーを元の状態に戻すことが大切です。
黒ずみを解消するためには、個人差はありますが、専用の石鹸や、クリームなどといったものが効果的です。

デリケートゾーンの黒ずみ予防と有効な治療法

デリケートゾーンは、普段から下着などの衣服から刺激を受けるため、黒ずみができてしまう原因となってしまいます。
まずは、黒ずみができないように予防するため、下着のサイズや形状、素材などを見直すことが大切です。
サイズが合わない下着や衣服などは、強く当たるところに黒ずみができてしまうため、サイズのあったものを付けるようにし、綿や絹といった繊維は肌への刺激が少なく、通気性もよいので素材にも気を使うことが大切です。
擦れにくいタイプの下着を着用することもお勧めです。
また、デリケートゾーンの無駄毛を処理することも、生理の経血が付いたりして、ナプキンによるかぶれや湿疹を繰り返したりすることによる肌の負担を軽減させることができ、黒ずみが出来にくくなります。
治療する場合には、顔などとは違いすぐに効果が出ることは期待できませんが、長く続けることで治療することができます。
美容皮膚科に相談することで、クリームなど有効な薬を処方してもらえます。

Favorite

香川の税理士にサポートを依頼

最終更新日:2018/4/13